治療の方法 | インプラント治療を上手に活用する事で、歯を失っても安心

治療の方法

なぜなのか

現在、歯科でおこなわれている歯がない場所に対する治療法には大きく分けて3種類あります。
入れ歯、ブリッジ、インプラントの3種がその治療法であり、それぞれに特徴やメリットなどが違っています。
インプラント治療は、3種ある治療の中でも一番新しく、その治療効果も非常に高いと言われています。
その理由は非常に単純で、他の2種とは治療の方法が決定的に違っているからです。
入れ歯やブリッジと呼ばれる治療は、歯がない場所に対して、人工的な歯を上からかぶせる事によって、歯の役割を取り戻す治療法になります。
上からかぶせているだけのため、どうしても違和感が大きくなりますし、噛む力についても、大きな力を生み出すことは非常に難しくなります。そのため、歯が抜けてしまえば、噛む力が大幅に低下して、それまで不自由なく食べれていた物も満足に食べることが出来なくなってしまったりするのです。
しかし、インプラント治療の場合はそうした違和感や噛む力の低下が最小限ですむのです。

インプラント治療が他の治療法に比べて高い効果があるかは、治療の方法が大きな要因となります。
入れ歯やブリッジは、かぶせる治療ですが、インプラント治療は、埋め込む治療なのです。
本来、人の歯というのは、顎の骨に歯の根っこが埋まっているため、とても強い噛む力を実現しているのです。
インプラント治療は、人工的な歯を顎の骨に埋め込む事によって、顎の骨を支えとする事で、噛む力の低下を最小限に抑え、更に違和感も最小限に抑えているのです。